商品比較まとめ

【売上アップ】楽天市場への出店方法を簡単に解説!成功事例も紹介

【売上アップ】楽天市場への出店方法を簡単に解説!成功事例も紹介

近年ネットショップで商品を購入する人が増えてきており、特に若い世代の買い物方法はネットショップが中心となっています。


ネットショップで購入することで、店頭販売より商品が安く自宅にいながら手軽に購入できるということで今後もネットショップの需要は益々増えていくと予想されます。


今回は楽天市場への出店方法と成功事例を紹介します。

楽天市場とは

楽天市場とは
楽天市場とは

楽天市場とは、ミネラルウォーター1本から高級ブランド品まで幅広い商品のラインナップが揃っている日本最大級のECサイトです。

楽天市場について
・出店数:49,978店舗(2020年6月時点)
・EC流通総額:約3.9兆

楽天には多くの楽天会員が登録しており、楽天会員数が多いということはその分楽天市場内での売上アップを見込めるということで出店店舗も多いです。

楽天市場への出店メリット

楽天市場への出店メリット
楽天市場への出店メリット

楽天市場への出店するメリットは大きく5つあります。

  • 楽天会員ID数が多い
  • 楽天カード会員数が多い
  • 多くのジャンルで通販シェアナンバー1
  • ネットショップで成功した店舗が多い
  • 充実したサポート

上記の5つのポイントについて解説していきます。

楽天会員ID数が多い

楽天に登録されているID数は1億700万と数多くの人が楽天に登録しています。
その多くの人が楽天市場で買い物をしています。物販として一番重要な集客力が楽天市場にはあるので多くの人に向けて商品を販売できるのは最大のメリットと言えます。

楽天カード会員数が多い

2019年末時点で楽天カード会員数は1900万人と楽天カードの会員数も多いです。
年々楽天カード会員数は増加傾向にあり、楽天カードのポイント付与を目的に楽天市場で買い物をする人も増えています。

多くのジャンルで通販シェアナンバー1

食品や産直品、生活雑貨、アパレルなど多くのジャンルで通販シェアナンバー1を獲得しているのが楽天です。
ECサイトによっては特定のジャンルしか売れないところもあるので、多くのジャンルで売り上げが見込める楽天市場に出店するのは大きなメリットであると言えます。

ネットショップで成功した店舗が多い

リアル店舗で、立地が悪く集客ができなかったり売上が低かった店舗でも楽天市場に出店することで成功した店舗は数多く存在します。
楽天市場では成功した先輩店舗からアドバイスをもらうこともできるため成功実績に基づいて出店できるメリットがあります。

充実したサポート

楽天市場では、ECコンサルタントからアクセスや売り上げデータをもとに的確なアドバイスをもらえるためネットショップ出店初心者でも安心して参入することができます。
各ジャンルに特化した専任の担当からのアドバイスもあるため売り上げアップの即効性も期待できます。

楽天市場への出店デメリット

楽天市場への出店デメリット
楽天市場への出店デメリット

楽天市場への出店デメリットは、出店費用が他のECサイトよりも高いという点です。
プランによって出店費用は異なりますが、その分売上効果が期待できるのとネットショップ初心者でもECコンサルタントからアドバイスがもらえるので多くの事業者が楽天市場への出店をしています。


楽天市場の出店料金は、楽天市場への出店費用は高いのか?費用とメリット・デメリットを紹介の記事でまとめているので確認してみてください。

楽天市場へ出店した成功事例

楽天市場へ出店した成功事例
楽天市場へ出店した成功事例

楽天市場で成功した事例でいうと、子供服の販売会社がネットショップで月商1800万円の売り上げを上げており、リアル店舗の3倍以上の売り上げを上げています。
初めは実店舗を開店したものの経営が難しくなりはじめてのネットショップを一念発起で開始した成功事例です。
成功の秘訣はやはりECコンサルタントからのアドバイスの影響が多きく、ネット通販のプロ目線の意見があったからこそ成功できたと言えます。

楽天市場への出店方法

楽天市場への出店方法
楽天市場への出店方法

楽天市場への出店方法は4ステップで簡単に開始することができます。

手順1
無料資料請求
まずは楽天市場の無料資料請求をします。
手順2
出店申し込み
資料の内容確認ができたら楽天の出店申し込みをします(内容確認には2週間~1カ月程度)
手順3
利用開始
RMS(店舗運営システム)を使用して楽天市場に店舗を出店します。決済や配送準備もこの段階でまとめてできます(2週間~1カ月程度で完成します)
手順4
運営開始
楽天市場に店舗が完成したらいよいよ運営開始です。実際に注文が入りレビューなどでお客さんからの声が届きます。

もちろんまずは無料資料請求だけをして内容と合致しなかった場合は出店申し込みをしなくても大丈夫です。まずは楽天からの無料資料請求で細かな内容確認をすることが大切です。

無料資料請求は下記より取り寄せる事ができます。

楽天市場への出店方法まとめ

楽天市場への出店方法まとめ
楽天市場への出店方法まとめ

楽天市場への出店方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。実際に実店舗の売上が伸びずネットショップに切り替えて大きく売上をアップさせた実例もあり、やはり物販は集客力が大事だという事も分かってもらえたかと思います。


楽天市場は集客力が抜群に高く、ネットショップのプロからアドバイスをもらい成功事例に基づき売上アップを実現することができます。


これからネットショップで買い物をする人が増えてくるという時代の流れも考え、実店舗に加え楽天市場での出店を考えている方に少しでもこの記事が参考になってもらえれば幸いです。


まずは無料資料請求をしてみて自分にできそうかどうかを検討してみるのがおすすめです。