商品比較まとめ

アップルの最新ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」と「AirPods」の違いを解説

AirPods Pro

iPhone用のイヤホンを買いたいんだけどAirPodsとAirPods Proで悩んでます。どっちがいいの?何が違うの?


そんなお悩みを解決します。

iPhoneのイヤホンと言えば同じアップル製品のAirPods ProやAirPodsの相性がいいと言われています。


そんなアップル製品のAirPodsとAirPods Proってどこが違うの?

性能はどっちがいいの?

など気になるAirPodsとAirPods Proの違いを解説していきます。


AirPods ProとAirPodsの7つの違い



AirPods ProとAirPodsとの違いは大きくみて7つあります。


もちろんAirPodsよりもかなり進化しています。
AirPods ProとAirPodsの違いを理解するとなぜAirPods Proが人気で売れているのかわかると思うので解説していきます。

アップル Apple MWP22J/A [AirPods Pro]完全ワイヤレスイヤホン アップルエアーポッズ


①形状の違い

AirPods ProとAirPodsの形状の違い
AirPods ProとAirPodsの形状の違い


画像を見て一目瞭然ですが、AirPodsとAirPods Proは形状が全然違います


これにはしっかりと理由があります。


AirPodsは「インナーイヤー型」と呼ばれ、耳の穴に差し込みすぎないため耳への圧迫感がありません。
その反面耳から外れやすかったりフィットしないという事があります。


それに比べAirPods Proは、「カナル型」と言われる形状でシリコンが設置されている為耳へのフィット感があり外れにくいです。


②感圧センサー

感圧センサー
感圧センサー



AirPods Proには感圧センサーが搭載されておりイヤホンの軸の部分を押すことで曲の再生や停止、曲送り、曲戻しができるようになっています。


・AirPods Pro・・・再生、停止、曲送り、曲戻し
・AirPods・・・曲送り、曲戻しのみ



AirPodsは曲送りと曲戻ししかできないのに対して、AirPods Proは再生、停止、曲送り、曲戻しができます。
再生と停止ができるというメリットは大きい為この機能を目当てに購入する人も多いです。


ボリューム調整に関してはどちらも対応しておらず、スマホ本体かSiriで話しかけて調整します。


③耐水・耐汗



あまり知られていませんがAirPodsには防水機能は搭載されていませんでした。


しかしAirPods Proには耐水・耐汗機能が搭載されているので多少の雨や汗による濡れには耐えられます。


イヤホンを使用するシーンは、ランニングやジム、通勤通学の野外などと雨や汗で濡れてしまう場面も多いと思うのでこの機能はイヤホンには必須です。



④電池の持ち



イヤホンを使用する上で電池の持ちはかなり重要です。


AirPods Proの電池の持ちは、音楽再生で約4.5時間。

アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間持ちます。



そして驚きは充電機を併用すると24時間使用することができるという点です。


充電機もコンパクトサイズなので通勤通学などの日常生活で使用する分に関しては余裕を持って使用できる電池の持ちとなっています。


ちなみに充電機でたった5分間充電するだけで1時間の再生が可能と充電スピードも驚異的です。


➄iPhoneとの接続が簡単

iPhoneとの接続が簡単
iPhoneとの接続が簡単



iPhoneユーザーがAirPods Proと相性がいいというのはこの点です。


他のメーカーのイヤホンとは違い、AirPods Proはペアリングや接続設定がいらないので簡単にすぐに使用できます。


使用方法は、iPhoneの近くでAirPods Proをケースから取り出すだけと簡単。


AirPods Proを装着すれば音楽が再生され、AirPods Proを耳から外せば音楽が停止します。



⑥アンドロイドでも使用可能



iPhone製品だけではなくAirPods Proはアンドロイドにも対応しているのでメーカーを選ばず使用できます。


しかし注意しておきたいのは、感圧センサーでの曲の再生/停止、曲送り、曲戻しは可能ですがノイズキャンセリングの状態確認とイヤホンを耳から外して音楽の停止・再生の機能は利用できません。


➆イヤーチップのサイズの判断をしてくれる

イヤーチップのサイズの判断をしてくれる
イヤーチップのサイズの判断をしてくれる



AirPods Proには3種類(S/M/L)のイヤーチップがついています。


この3種類のイヤーチップのどのサイズが自分の耳に合っているのかを自動判断してくれる機能があります。


iPhoneのBluetooth設定からAirPods Proを選択すると自分の耳のサイズに合っているかどうかの判断をしてくれます。


イヤホンを装着してみたものの若干違和感があるという人には助かる機能です。



高性能のAirPods Pro

高性能のAirPods Pro
高性能のAirPods Pro



今だ根強い人気のAirPods Proは持っているだけでスタイリッシュでスマートな印象があるのも人気のひとつです。


iPhoneユーザーが多い日本だからこそ一番相性のいいAirPods Proを選択する事は重要で、機能も性能も見た目も時代の最先端をいくiPhoneのAirPods Proは注目のイヤホンであると言えます。


アップル Apple MWP22J/A [AirPods Pro]完全ワイヤレスイヤホン アップルエアーポッズ

2020年おすすめのワイヤレスイヤホン8選!

AirPods Proにそっくり?AirPods Proより安いワイヤレスイヤホン