【ノースフェイス】のボストークをレビュー。サイズ感がよく大容量のリュック

ノースフェイスのリュックで人気な【ボストーク】を買ってレビューしてみた

PR

この記事には広告を含む場合があります。

オールシーズン人気のブランドTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)。ノースフェイスのリュックは男女問わず人気のアイテムで、通学・通勤、ビジネス、登山といったプライベートからアウトドアまでさまざまなシーンで大活躍します。


今回はノースフェイスのリュックの中でも幅広いシーンで使えるデザインと機能性の「ボストーク」のレビューです。
実際に購入し使ってみた感じとデザインや機能性を紹介していきます。

ノースフェイスのリュックの選び方

ノースフェイスのリュックの選び方
ノースフェイスのリュックの選び方

登山用や街用、ビジネス用など、使用用途に合わせた選び方で機能性やデザインを選ぶのがおすすめです。
今回紹介するボストークは、デザインがシンプルでクセがなくどんなシーンでも使える事から選びました。耐久性や機能性はアウトドアブランドのノースフェイスということで安心して使用できます。

ノースフェイスのリュック【ボストーク】のレビュー

外観

見た目はシンプルで、ガッツリ登山用という雰囲気ではなく、どちらかというと街用として男女共に使用できるおしゃれなシルエットとなっています。

ボストーク全体
ボストーク全体

フロントポケットにはノースフェイスのロゴがあり、ブランド力のあるノースフェイスですがロゴデザインを押し出しすぎていないところがまたシンプルでいい感じです。

ノースフェイスフロントポケットロゴ
ノースフェイスフロントポケットロゴ

サイズ

今回購入したのは30リットルで、重量は835gと軽量です。
大まかなサイズ測定だと、縦は約60cm、横幅が約35cmです。 Mac Book Airを隣におくと大きく見えますがそれだけ収納力があるということです。

ボストーク サイズ
ボストーク サイズ

実際にリュックを背負ってみるとそこまで大きく見えず意外とコンパクトなシルエットになります。小柄な女性でも大きすぎるリュックのシルエットにならないのは嬉しいポイントかと思います。

ボストーク 背面
ボストーク 背面

収納

メインコンパートメント、第2コンパートメントがにはオーガナイザー付き、フロントは小物が入る小ポケットと充実した収納です。

ボストーク 3つの収納
ボストーク 3つの収納

フロントポケットのみ小さく小物などすぐに取り出せる仕様となっています。

フロントポケット
フロントポケット

容量は30リットルということで、メインコンパートメントは十分すぎる広さとなっています。画像では2リットルのペットボトルを2本入れていますがまだ容量に余裕があります。パソコンや書類、着替え、など2~3泊用の荷物を入れても十分な容量で小旅行には最適です。

ボストーク メインコンパートメント
ボストーク メインコンパートメント

メインコンパートメントの内側(背中側)にはPCスリーブが付いており大きなノートパソコンも収納できます。リュックの背中面はクッション素材となっているのでノートパソコンへの負荷をかけず持ち運びができます。 リュックのクッション性の悪さでパソコンが壊れてしまったという事もよく聞くので、その点ボストークは安心です。

PCスリーブ
PCスリーブ

第2コンパートメントにはオーガナイザーが付いているのでイヤホンや化粧道具、香水、メモ帳、ペンなど小物をまとめておけます。

ボストーク 第2コンパートメント
ボストーク 第2コンパートメント

ネットの中にはフックがありジップと繋げる事で防犯効果もあり貴重品も安心して収納しておけます。

オーガナイザー
オーガナイザー

メッシュポケットの下は深めの収納になっています。画像ではノートとノートパソコンを入れていますがまだまだ余裕がありますね。

深めの収納
深めの収納

フロントポケットは浅めになっているのですぐに取り出したい小物を入れておくことができます。スマホやリップ、アクセサリーなどすぐに収納&取り出ししたい物の収納として最適です。

ボストーク フロントポケット
ボストーク フロントポケット

フロントポケットの下には縦型ジップの収納があります。アウトドアや登山で使用する際は雨具やごみ袋などを入れておくとすぐに取り出せるので便利です。

ボストーク フロントポケット
ボストーク フロントポケット

入口は広く中も広々ですが、フロントなので嵩張らないものを入れておくのがおすすめです。

ボストーク フロントポケット
ボストーク フロントポケット

画像ではノートを入れていますが中はワイドで広々した収納になっておりまだまだ収納することが可能です。

ボストーク フロントポケット
ボストーク フロントポケット

リュックの両サイドにはペットボトル収納があり街用でも登山などのアウトドア用としても嬉しい収納です。

ボストーク サイドペットボトルホルダー
ボストーク サイドペットボトルホルダー

機能性

ショルダー部分にはノースフェイスのロゴが入っており、各所縫い目もしっかりとしておりこの辺りがさすがアウトドアメーカーのリュックだなという印象です。
ショルダーは肉厚クッションで荷物をパンパンに詰めて背負ってみても重さを感じにくく肩への負担が本当に少ないです。

ボストーク ショルダー
ボストーク ショルダー

街用としても登山としても安定した背負い心地を体感できるようチェストストラップも搭載されているので、リュックが体に密着するようなフィット感でリュックを背負っていないような心地よさがあります。

ボストーク チェストストラップ
ボストーク チェストストラップ

背中部分にはエアメッシュバックパネルで通気性がよく長時間背負っていても汗で蒸れにくく、堅めのクッションなので中に収納している荷物に衝撃を与えにくい設計になっています。

ボストーク メッシュクッション
ボストーク メッシュクッション

背中部分の内側がPCスリーブになっているので、背中部分のクッションは厚手で堅めの素材も交えてあります。荷物に衝撃を与えないよう計算されているのが分かりますね。

ボストーク メッシュクッション
ボストーク メッシュクッション

両サイドにはポールループがあり登山専用としても使用できるように設計されてあります。

ボストーク ポールループ
ボストーク ポールループ
ボストーク ポールループ
ボストーク ポールループ

ハイキング、ピークハント、ピストン山行などどんな登山スタイルでも対応できる専門的な機能性が備わっているのは嬉しいポイントですね。

ボストーク ポールループ
ボストーク ポールループ

耐久性

独立したチェストストラップとウエストベルト
独立したチェストストラップとウエストベルト

チェストストラップとウエストベルトはそれぞれ独立して作られているので、万が一一か所が故障してしまったという場合でもリュック全体に大きく影響を及ぼす心配がなく耐久性に優れています。

独立したチェストストラップとウエストベルト
独立したチェストストラップとウエストベルト

ウエストベルトは街用として使用しない場合は、背面クッション裏に収納できるので見た目もスマートです。チェストストラップとウエストベルトの2段仕様ということでリュック自体の耐久性も高いです。

収納できるウエストベルト
収納できるウエストベルト

ノースフェイスのリュックレビューまとめ

ノースフェイスのリュックレビューまとめ
ノースフェイスのリュックレビューまとめ

ノースフェイスのボストークをレビューしてきましたがいかがだったでしょうか。さすがアウトドアブランドノースフェイスのリュックということで、収納・機能性や耐久性はずば抜けているという印象です。


フィット感があり肉厚なショルダーや背面クッションで、背負っている感覚がなくなるような、体と一体化しているような感覚を味わえます。ボストークは見た目もシンプルでおしゃれなので街用でも使用でき、機能性が高いので登山など本格アウトドアでも対応できる一生物のリュックだという評価です。


老若男女問わず使えるリュックなので是非ノースフェイスのボストークを検討している人に参考にしてもらえれば幸いです。