アウトドアワゴンの人気おすすめランキング10選!キャンプやアウトドアで活躍

アウトドアワゴンの人気おすすめランキング10選!キャンプやアウトドアで活躍

キャンプやバーベキュー、フェス、海水浴などアウトドアシーンで活躍してくれる必須アイテムが「アウトドアワゴン」です。
人気のアウトドアメーカーのワゴンや、多機能で使いやすいワゴンまでいろいろな製品が発売されておりどれを選んでいいか迷ってしまいます。
そこで今回は、アウトドアシーンで荷物や道具の運搬が楽に行えるアウトドアワゴンのおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介します。アウトドアワゴンはテーブルになったり子供を乗せて運んだりと多機能で便利なものが多いのでぜひお気に入りのワゴンを見つけてみてくださいね。

アウトドアワゴンのい選び方

荷物の量で選ぶアウトドアワゴン

荷物の量で選ぶアウトドアワゴン

アウトドアでも、キャンプやフェス、お花見、海水浴などそれぞれのアウトドアシーンによって荷物の量は変わってきます。なので荷物の量でアウトドアワゴンを選ぶのがおすすめです。
一般的なアウトドアワゴンの積載可能容量は80㎏~100㎏が平均です。4人家族のキャンプなら耐荷重100㎏のもの、バーベキューなら80㎏のアウトドアワゴンが最適です。お花見やフェスなどバーベキューコンロを使用しない場合はもう少しコンパクトな物でも対応可能です。

収納できる折りたたみ式で選ぶアウトドアワゴン

収納できる折りたたみ式で選ぶアウトドアワゴン

アウトドアワゴンを選ぶなら折りたたみ式タイプがおすすめです。自宅保管でスペースを取らず、アウトドア先でも使用しない時は折りたたんでテント内にしまっておけると場所を取らず便利です。また、車に積んで移動する場合は、車内のスペースにも限りがあるので、折りたたんだ際のサイズ感もチェックしておくとスムーズに持ち運びができます。

テーブル機能付きアウトドアワゴン

テーブル機能付きアウトドアワゴン

アウトドアワゴンの上部分に専用テーブルやオリジナルのボードなど天盤を乗せることでアウトドアテーブルとして使用することができます。
わざわざアウトドアテーブルを持参しなくてもいいので利便性が高く収納も効率よく行えます。特にテーブルに拘りがなかったり利便性を求める方は専用テーブル付きのアウトドアワゴンを選ぶのがおすすめです。

軽量やサイズで選ぶアウトドアワゴン

軽量やサイズで選ぶアウトドアワゴン

多くのアウトドアワゴンはローラータイプでタイヤを転がし荷物を運ぶ事ができますが、車からの出し入れや階段など段差の持ち運びでは、ワゴンを持ち上げて移動しなければならないのでできるだけ軽量なタイプが便利です。ワゴンのサイズにもよりますが、アウトドアワゴンの平均的な重さは10㎏前後なのであまり重すぎるものは避けて選ぶことがポイントです。

アウトドアワゴンのおすすめランキング

10位:フォールディングキャリーワゴン グリーン

フォールディングキャリーワゴン グリーン
フォールディングキャリーワゴン グリーン
  • 使用時サイズ:W41×D33.5×H86
  • 収納時サイズ:W41×D9×H42
  • 重量:2kg

容量はそこまで大きくないですがその分コンパクトで収納時は薄く折りたためほとんどスペースをとりません。2リットルのペットボトルが約9本程度収納できるサイズなので、お花見やデイキャンプなどに最適となっています。

9位:テントファクトリー(Tent Factory) キャリーワゴン Dタイプ

テントファクトリー(Tent Factory) キャリーワゴン Dタイプ
テントファクトリー(Tent Factory) キャリーワゴン Dタイプ
  • 使用時サイズ:93×51×60cm
  • 収納時サイズ:53×21×75cm
  • 重量:9.8kg
テントファクトリー(Tent Factory) キャリーワゴン Dタイプ
テントファクトリー(Tent Factory) キャリーワゴン Dタイプ

ワゴンのカバーは取り外し可能なので汚れたり砂が溜まっても丸洗いでき便利です。通常のアウトドアワゴンよりも深めの作りにはなっていますが、メッシュカバーが付いているので荷物が落ちてしまう心配もありません。
とにかく見た目がシンプルでかっこいいアウトドアワゴンで、いかにも「アウトドア感」が出て雰囲気を盛り上げてくれます。
また、同色・同柄のアウトドアチェアも発売されているのでセットで持っていると統一感がありいっきにアウトドアスタイルを確立してくれます。

テントファクトリー(Tent Factory) ローチェア

テントファクトリー(Tent Factory) ローチェア
テントファクトリー(Tent Factory) ローチェア

8位:レイチェル(Raychell) グランドキャリアワゴン オフロードキャリーワゴン

レイチェル(Raychell) グランドキャリアワゴン オフロードキャリーワゴン
レイチェル(Raychell) グランドキャリアワゴン オフロードキャリーワゴン
  • 使用時サイズ:W112xL51xH120cm
  • 収納時サイズ:W22xL51xH76cm
  • 重量:10.8kg
  • 耐荷重:60kg
レイチェル(Raychell) グランドキャリアワゴン オフロードキャリーワゴン
レイチェル(Raychell) グランドキャリアワゴン オフロードキャリーワゴン

コンパクトサイズなので、連泊する大きなキャンプではなくデイキャンプやフェス、花見などに最適なアウトドアワゴンです。大型のタイヤなので足場の悪い状況でも問題なく荷物を運べます。ワゴンの内側には小物入れ用のポケットが付いているのでスマホやキャンプやフェスの入場券などをしまえてすぐに取り出せます。ワゴン外側にも小物&ペットボトルホルダーポケットが搭載されているので、待ち時間の長いフェスの入退場やキャンプ場まで道のりが長い場合に嬉しい機能です。

7位:山善 キャンパーズコレクション エブリデイキャリー

山善 キャンパーズコレクション エブリデイキャリー
山善 キャンパーズコレクション エブリデイキャリー
  • 使用時サイズ:幅94×奥行50.5×高さ71
  • 収納時サイズ:幅20×奥行39×高さ71cm
  • 重量:9kg
  • 耐荷重:80kg

高さがあり荷物がこぼれ落ちる心配もないアウトドアワゴンです。タイヤ径は18cm、大型キャスタ付なので移動や運搬が楽に行えます。大容量の荷物を運べますが、重さは9㎏と超軽量で、収納時もコンパクトに小さく折りたたむことができるので利便性のいいアウトドアワゴンです。

6位:フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー

フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー
フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー
  • 使用時サイズ:幅105cm×奥行62cm×高さ91~62cm
  • 収納時サイズ:幅36cm×奥行29cm×高さ77cm
  • 重量:13kg
  • 耐荷重:150kg
フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー
フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー

耐荷重が150kgなので重い荷物もいっきに持ち運ぶ事ができるアウトドアワゴンです。専用のアルミ天盤と合わせて使用するとワゴンがテーブル代わりになりわざわざアウトドアテーブルを持ち込まなくてもテーブルの設置ができます。
お花見やデイキャンパーなどお手軽なキャンプに最適です。

アルミ天板テーブル

アルミ天板テーブル

5位:ロゴス(LOGOS) キャリーカート

ロゴス(LOGOS) キャリーカート
ロゴス(LOGOS) キャリーカート
  • 使用時サイズ:116×61×66cm
  • 収納時サイズ:84×58×21.5cm
  • 重量:11kg
  • 耐荷重:走行中80㎏、静止時100kg
ロゴス(LOGOS) キャリーカート
ロゴス(LOGOS) キャリーカート

静止時では100㎏までの耐荷重が可能で多くの荷物も持ち運び可能です。ワンタッチで設置・収納が可能なので初心者の方でも簡単に扱うことができます。特徴でもある大きなタイヤは、砂利道や砂場などガタガタ道でもひっかかりにくく運搬できます。

4位:ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン

ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン
ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン
  • 使用時サイズ:W96× D58× H61cm
  • 収納時サイズ:W30× D25× H69cm
  • 重量:8.6kg
  • 耐荷重:100kg
DOD
DOD

重さは約8㎏台と軽量で片手でも持ち運べるアウトドアワゴンです。他のアウトドアワゴンに比べて軽量ですが、耐荷重は100㎏と積める荷物の量は負けていません。防水加工のカバーが付属されているので急な雨でも荷物が濡れずに安心です。また、タイヤとカバーが取り外し可能なので丸洗いするのに楽です。値段は少し高めですが、総合的に使いやすいアウトドアワゴンとしてはコールマン製品にも負けない利便性があります。

3位:ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン

ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン
ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン
  • 使用時サイズ:幅52×奥行112×高さ55
  • 収納時サイズ:幅25×奥行37×高さ74cm
  • 重量:11.8kg 
  • 耐荷重:80kg
ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン
ニュートラルアウトドア オフロードキャリアワゴン

とにかく見た目がおしゃれなデザインで、キャンプなどアウトドアの雰囲気を盛り上げてくれます。タイヤにはロック機能が搭載されているので坂道でも固定でき安全に使用できます。WGソフトコンテナーを合わせて使用すると見た目がさらにおしゃれになり、収納しやすく取り出しやすい仕様となります。

WGソフトコンテナーも合わせると便利

WGソフトコンテナー

2位:ダバダ(DABADA) キャリーカート

ダバダ(DABADA) キャリーカート
  • 使用時サイズ:幅54.5×奥行92.5×高さ90cm
  • 収納時サイズ:幅26.5×奥行37×高さ73.5cm
  • 重量:13.8kg
  • 耐荷重:150kg
ダバダ(DABADA) キャリーカート
ダバダ(DABADA) キャリーカート

ダバダのアウトドアワゴンの特徴は、タイヤがワイドでビーチの砂場や川の砂利、雨の日の泥沼でもタイヤが埋もれることなく荷物を持ち運べるという点です。また、耐荷重が150㎏と重い荷物が一度に運べてしまうので大人数のアウトドアシーンで活躍してくれます。

1位:コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン
コールマン(Coleman) アウトドアワゴン
  • 使用時サイズ:約106×53×100(h)cm
  • 収納時サイズ:約18×40×77(h)cm
  • 荷台サイズ:約88×42×31(h)cm
  • 重量:約11kg
  • 耐荷重:約100kg
コールマン(Coleman) アウトドアワゴン
コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

人気アウトドアメーカー「コールマン」のアウトドアワゴンです。
キャンプなどアウトドア用品全般で幅広く商品を展開しているので、その実績と信頼性は高く安心して使用することができます。重量11㎏、耐荷重は約100kgとアウトドア全般で使用できるワゴンです。タイヤにはストッパーが搭載されているので安全面にも配慮されている人気のアウトドアワゴンです。

コールマン アウトドアワゴン テーブル

コールマン アウトドアワゴン テーブル
コールマン アウトドアワゴン テーブル

人気のおすすめアウトドアワゴンまとめ

数多くのアウトドアシーンで使えるアウトドアワゴンを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。使用目的に合ったサイズのワゴンを選ぶこと、テーブルとして使用できる利便性の高いものを選ぶことでより効率的にアウトドアを楽しめるはずです。

ぜひ今回紹介したアウトドアワゴンを参考にしてお気に入りの1台をみつけてもらえたらと思います。